そもそもスレートってなに?

粘板岩を加工した建築材

この記事でわかる事

① スレートのメリット
② スレートののデメリット
③ リフォけんを使うメリット

スレートは粘板岩を薄い板状に加工した建築材で、屋根材や外壁材として使用されています。粘板岩を素材としたものは天然スレートと呼ばれ、青黒色で独特な模様を成しているのが特徴です。

もともとヨーロッパでは粘板岩をスライスして屋根材として使用していました。
自然の風合いを生かした高級感のある素材ですが、価格が高いため日本ではあまり普及していません。

ですので、日本ではセメントを粘板岩の代替品として使用しています。

スレートには天然スレートの他に化粧スレートがありますが現在は化粧スレートが主流になっています。

なぜなら、天然スレートは生産量が少なく、施工できる業者が少ない為です。

スレートのメリット


重量が軽いため、耐震性が高い
価格が安い
施工できる業者が多い

化粧スレートは厚さ5~6mmと薄く重量が軽いので、住宅への負担が少なく耐震性に優れています。和風の木造住宅でも、屋根を軽量化するためにスレート屋根が使われることが多くあります。また、他の屋根瓦と比べると価格が安いため、初期費用が抑えられます。さらに、屋根材としての普及率が高いことから、施工できる業者が多いのもメリットです。

スレートのデメリット

一方、スレートには以下のようなデメリットもあります。
割れやすい
コケやカビが発生しやすい
耐久性・防水性が低い
塗装メンテナンスが必要

スレートの耐用年数は15~20年程度になり、他の屋根材と比べて耐久性が低いのがデメリットです。防水性も低く、ひび割れや反りなどの劣化が起こりやすいので、表面を保護するための定期的な塗り替えが必要になります。

また先述したように、人工スレートよりも高額なため施工している建物も少ないです。

但し天然スレートは、ほかの屋根材には出せない高級感や、高い防火性と防水性を持っている為、東京駅などの公共建築や旧邸宅などの屋根に使われているようです。

リフォけんを使うメリット

リフォームしたいけどどこにたのめばいいんだろう・・??

そんなお悩み リフォけんが解決いたします!

コンシェルジュが会社を厳選し、優良リフォーム会社だけをご紹介★

「お断りの代行」「サポート体制」「もしものときの安心リフォーム保証」

リフォけんのポイント1 「リフォーム会社の評価が分かる」

各リフォーム会社の口コミや事例がみれます。良い評判だけでなく、悪い評価も記載されていますので、本音を見ることができます。

リフォけんのポイント2「お断りの代行」

一度見積りに来てくれた業者には断りの連絡を入れるのは少し気が引けるものです。リフォけんではお客様のご要望がありましたら、リフォーム会社へのお断りの代行など、お客様に寄り添ったサービスをさせていただきます。

リフォけんのポイント3「 サポート体制 」

リフォームの際にはお客様が希望する内容をリフォーム会社に伝え、その内容にあった見積もりが提出されますが、お客様がリフォーム工事に詳しくない場合、大きな思い違いをしていることもあります。もしものトラブルに対しても、できる限りのサポートを行います。

ご相談は無料ですので下記の無料フォームからお気軽にお問合せ下さい!

関連記事

  1. 屋根材の種類(ガルバリウム鋼板)

  2. 外壁塗装の正しい塗り方【DIYやプロの手順】

    外壁塗装の正しい塗り方【DIYやプロの手順】

  3. 雨樋修理・3通りの交換方法

  4. 屋根材の種類(日本瓦)

  5. カーポートの素材って一種類じゃないの?

  6. 屋根材の種類(化粧スレート)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。