お家の屋根修理は部分補修orリフォーム❔

住宅は常に雨、風、雪など自然の影響を受け続けています。そのような環境でダメージを日々受け続けているので年数が経てば修理は必須と思われます。一般的には築10年程度で初めてのメンテナンス、施工方法によって異なるものの築20年程度で2度目のメンテナンスを検討されるかと思います。

この記事でわかる事

① 屋根修理の種類
② 屋根修理における費用
③ リフォけんを使うメリット

屋根修理の種類

部分補修 or リフォーム

部分修理は防水テープで補修・シーリング充てんによる接着・屋根材の一部交換など数万円で済みます。屋根瓦の葺き直し・葺き替え・カバー工法などは足場を組んでのリフォーム工事になります。部分修理は修理範囲が狭い分、葺き替えよりも価格が安く済みます。

一方で、部分修理行うと周囲の素材と全く同じものを使えるとは限らないため色や素材に違いが出ることが多いです。屋根ですので見た目を気にすることは無いかもしれません。しかし統一感が無いと我慢出来ないという場合には塗装などが必要ですので、部分修理だけで対応するのは難しいでしょう。

屋根の葺き替えは費用が高額なため可能なら部分修理をしたいところです。しかし、以下のような例では葺き替えが必要な場合があります。

修理箇所が広範囲に及ぶ

全体的な下地補修が必要

修理部位の色を周辺と合わせたい

広範囲の修理でも部分修理を全体に行うことで対処が可能ですが、かえって費用が高額になりすぎるため葺き替えで対応したほうが良いでしょう。また、部分修理した箇所は周辺部分にくらべて色が変わってしまいます。同じ色にしたい場合は全面塗装や葺き替えが適しているでしょう。

屋根修理における費用の内訳

屋根修理の作業工程として

①「足場の設置」

②「既存屋根材の撤去」

③「野地板の設置」

④「防水シートの設置」

⑤「新しい屋根材の設置

」⑥「足場の解体」

という施工の流れが基本の工程になります。

屋根の葺き替え、補修工事にかかる費用は大きく分けると「材料費」と「工事費」の2つがあります。このうちの材料費、つまりどの屋根材を使うかにより値段が大きく変わってきます。

業者ごとに価格設定の基準が異なりますので実際の価格とは異なる場合があります。また、葺き替えは屋根の素材によって価格が大きく異なります。同じ坪数の住宅でも屋根の数や角度によって屋根面積が2倍ほど変わりますのでまずは業者から見積りをお願いするのが安心です。

リフォけんを使うメリット

リフォームしたいけどどこにたのめばいいんだろう・・??

そんなお悩み リフォけんが解決いたします!

コンシェルジュが会社を厳選し、優良リフォーム会社だけをご紹介★

「お断りの代行」「サポート体制」「もしものときの安心リフォーム保証」

リフォけんのポイント1 「リフォーム会社の評価が分かる」

各リフォーム会社の口コミや事例がみれます。良い評判だけでなく、悪い評価も記載されていますので、本音を見ることができます。

リフォけんのポイント2「お断りの代行」

一度見積りに来てくれた業者には断りの連絡を入れるのは少し気が引けるものです。リフォけんではお客様のご要望がありましたら、リフォーム会社へのお断りの代行など、お客様に寄り添ったサービスをさせていただきます。

リフォけんのポイント3「 サポート体制 」

リフォームの際にはお客様が希望する内容をリフォーム会社に伝え、その内容にあった見積もりが提出されますが、お客様がリフォーム工事に詳しくない場合、大きな思い違いをしていることもあります。もしものトラブルに対しても、できる限りのサポートを行います。

ご相談は無料ですので下記の無料フォームからお気軽にお問合せ下さい!

関連記事

  1. 外壁のリフォームで何色に塗り直す?塗装のカラーリング

  2. エクステリアと外構って違うの?

  3. カーポートの素材って一種類じゃないの?

  4. 屋根材の種類(化粧スレート)

  5. 外壁の劣化の症状とは?

  6. 屋根材の種類(トタン屋根)・メリットデメリット

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。