洋室のリフォーム(メリット・デメリット)

ライフスタイルの変化に伴い、使いにくくなった和室を洋室にリフォームしたいとう方は年々増えつつあります。特に若い方からは『あまり和室になじみがないので、あまり和室を使っていない』といった声が多くあります。和室を洋室にするリフォームは現在では一般的ですから、ライフスタイルに合わせて、使い勝手のいい空間にしたいところですね!

洋室にリフォームするタイミング

この記事でわかる事

① 洋室にリフォームするタイミング
② 洋室のメリット
③ 和室から洋室のリフォームをお考えの方へ
④ マンションの場合
⑤ リフォけんを使うメリット

あまり使用していない和室はデメリットも多い

 和室には和室の良さがありますが、ほとんど使用していない和室の畳はカビダニが発生しやすく、アレルギー体質の方にとっても悩みの元になりそうです。また、畳・障子・襖(ふすま)は、表替えや張り替えなどのメンテナンスが大変です。洋室には掃除が簡単でダニやカビの発生を抑えやすい・畳や障子などがないため定期的なメンテナンスが必要ないといった扱いやすさがあり、掃除やメンテナンスがラクな分、現代の忙しい人に向いているとも言えます。

 介護など車椅子が必要な方にとっては全面フローリングのほうが生活しやすいといった事もあり使用頻度が少なくなった和室をそのままにするよりも、洋室にリフォームしたほうが、活きた空間になる為、リフォームを検討するケースが増えてきた傾向にあります。

洋室のメリット!

当然和室には和室のメリットが多いのですが今回は洋室のメリットをいくつかあげると、

・家具を置きやすい
・模様替えがしやすく、ライフステージの変化に対応しやすい
・リビングなど、隣接する空間と一体感が生まれて広く感じられる
・掃除が簡単でダニやカビの発生を抑えやすい
・メンテナンスがラク
  など

 洋室は、重量による畳の跡など気にせず床に家具が置けます。学習机やベッドといった家具が必要になると、床がフローリングの洋室のほうが畳の和室よりも使い勝手が良い場合も多いです。

和室から洋室へリフォーム

先述では和室から洋室にリフォームするケースを紹介しましたが、当然、洋室をリフォームするケースも多いです。洋室は模様替えが和室に比べて楽なので、使わなくなった子ども部屋を書斎や寝室にするなど、生活の変化に合わせた用途変更にも対応しやすくなります。

マンションの場合

マンションの場合はコンクリートの構造に直接畳が乗っている場合も多く、一戸建てほどの大がかりな工事にならないこともあります。ただし、畳よりフローリング材のほうが音を下に伝えやすいため、その対策が必要となります。マンションの場合は使用するフローリング材の遮音等級が指定されていることが多く、管理規約を確認して遮音性の高いフローリング材を選んだり、防音下地を入れたりする必要があります。

限られた空間を使わず放置するのはもったいない!思い切って洋室にリフォームしてみませんか!!

リフォけんを使うメリット

リフォームしたいけどどこにたのめばいいんだろう・・??

そんなお悩み リフォけんが解決いたします!

コンシェルジュが会社を厳選し、優良リフォーム会社だけをご紹介★

「お断りの代行」「サポート体制」「もしものときの安心リフォーム保証」

リフォけんのポイント1 「リフォーム会社の評価が分かる」

各リフォーム会社の口コミや事例がみれます。良い評判だけでなく、悪い評価も記載されていますので、本音を見ることができます。

リフォけんのポイント2「お断りの代行」

一度見積りに来てくれた業者には断りの連絡を入れるのは少し気が引けるものです。リフォけんではお客様のご要望がありましたら、リフォーム会社へのお断りの代行など、お客様に寄り添ったサービスをさせていただきます。

リフォけんのポイント3「 サポート体制 」

リフォームの際にはお客様が希望する内容をリフォーム会社に伝え、その内容にあった見積もりが提出されますが、お客様がリフォーム工事に詳しくない場合、大きな思い違いをしていることもあります。もしものトラブルに対しても、できる限りのサポートを行います。

ご相談は無料ですので下記の無料フォームからお気軽にお問合せ下さい!

関連記事

  1. 畳の張替え・DIYはあまりおすすめ出来ません

  2. 玄関まわりのこだわり

  3. トイレのリフォームの失敗例から学ぶ

  4. 寒いお風呂場を何とかしたい!改善点と対策

  5. キッチンの種類とリフォームのポイント

  6. L型キッチンのメリット・デメリット

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2022年 7月 25日
    トラックバック:和室のリフォームの種類