外壁の劣化の症状とは?

築年数を重ねるごとに、外壁には様々な劣化症状が見られるようになります。色褪せ・雨筋汚れ・ひび割れ・苔が気になるなど、外壁の劣化で心配な方も多いと思います。

この記事ではさまざまな劣化の症状をご紹介していきたいと思います。

この記事でわかる事

① 外壁塗装の劣化の種類と症状
※ 剥がれ 
※ チョーキング
※ カビや苔
※ 錆び
※ 色褪せ
※ ひび割れなど 
② リフォけんを使うメリット

劣化の種類と症状

ここからは外壁の劣化の種類と症状をご説明致します。

①塗装の劣化(剥がれ)

表面の塗膜が劣化し、中が腐食している可能性があります。

※内部に影響がない場合は、すぐに雨漏りなどの被害にはつながりにくいがメンテナンスは必要

ただし外壁塗装では塗装してはいけない条件があります。
以下の条件が1つでも当てはまる場合は原則として外壁塗装はできません。

・気温5℃以下
・気温35℃以上
・湿度85%以上
・結露が発生する
・強風のとき
・塩害が起こる

この条件で無理に塗装をすると、乾燥不良が起こって塗膜がはがれやすくなりますので注意が必要です!

②チョーキング

壁に手を付いたら白い粉がついてしまった事ってありますよね?

これはチョーキングといって、外壁の劣化によって外側が削れることで起きる症状です。

基本的に塗装を行って5~10年以上経つと、経年劣化によってチョーキングが始まって来ます。

カビや苔

外壁にカビやコケが生えるということは、その場所が湿度が高いという証拠です。
湿度が高く繰り返し水が流れる場所は長年の蓄積により内部が腐食している可能性もあります。

錆び

錆びや色あせは、金属製の外壁でよく起こります。

外壁のサビが原因の場合は錆びから穴があき雨漏りにつながることも少なくありません。

色褪せ

外壁の色褪せの場合は、すぐに穴があくわけではありませんが、表面のコーティングが劣化している証拠です。

メンテナンスを怠ると穴が開く可能性もありますので注意が必要です。

コーキング・シーリングのヒビ

外壁にあるコーキングに亀裂が入っていたり、隙間を見つけたらこちらは修理が必要です!!

放っておくと隙間から水が浸入し雨漏りの原因になる可能性がありますので なるべく早めの対処が望ましいです!

外壁のヒビ割れ

モルタルなどの壁でよく見られます。ひび割れはひびの幅によって、深刻度を測ることが出来ます。

ヘアークラック 幅が1mm以下
そのナの通り髪の毛ほどの細さでよく見ないと気づかない細かいものが多いです。この程度であれば、まずは様子見で問題ありません。

深いひび 幅2mm以上

壁の中まで被害が及んでいたり、内部に水が入って腐っている可能性があります。そうなると、外壁が原因で雨漏りを引き起こしてしまう可能性があります!こちらも被害が広がる前に、なるべく早めの対処が望ましいです!

亀裂や穴が開いている場合

壁に亀裂が入っていたり、穴が入っている場合は、早急に修理したほうがいいです!!
放っておくと少しの穴がどんどん壊れていき、結果的に大掛かりな修理になることもあります。

害虫の通り道になってしまうこともあるので、早めに対策をしましょう!!

以上が外壁修理の種類になりますが

※塗り替えの必要性がある場所は業者へ依頼されることをオススメします。

全体的な塗り替えは部分的な補修とは異なり、洗浄・養生・塗装といくつもの工程があり、様々な知識と技術が必要です。まずは複数の業者から相見積もりを取ることをお勧めします!

リフォけんを使うメリット

リフォームしたいけどどこにたのめばいいんだろう・・??

そんなお悩み リフォけんが解決いたします!

コンシェルジュが会社を厳選し、優良リフォーム会社だけをご紹介★

「お断りの代行」「サポート体制」「もしものときの安心リフォーム保証」

リフォけんのポイント1 「リフォーム会社の評価が分かる」

各リフォーム会社の口コミや事例がみれます。良い評判だけでなく、悪い評価も記載されていますので、本音を見ることができます。

リフォけんのポイント2「お断りの代行」

一度見積りに来てくれた業者には断りの連絡を入れるのは少し気が引けるものです。リフォけんではお客様のご要望がありましたら、リフォーム会社へのお断りの代行など、お客様に寄り添ったサービスをさせていただきます。

リフォけんのポイント3「 サポート体制 」

リフォームの際にはお客様が希望する内容をリフォーム会社に伝え、その内容にあった見積もりが提出されますが、お客様がリフォーム工事に詳しくない場合、大きな思い違いをしていることもあります。もしものトラブルに対しても、できる限りのサポートを行います。

ご相談は無料ですので下記の無料フォームからお気軽にお問合せ下さい!

関連記事

  1. 雨樋の修理は危険な作業が多い!

  2. モルタルってどんな外壁なの?モルタルのメリット・デメリット

  3. カーポートの素材って一種類じゃないの?

  4. 屋根材の種類(アスファルトシングル)

  5. エクステリアと外構って違うの?

  6. そもそもスレートってなに?

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。