エクステリアと外構って違うの?

エクステリアとは、家の顔となる外回りの装飾の事を指します。エクステリアの対義語は、インテリアとなります。インテリアは、ご存知の通り室内の家具や照明、テーブルやソファ、テレビ、時計壁紙、キッチン、洗面所など、建物内部の空間全般を指す言葉です。室内のインテリアは種類も多くカラーやデザインにこだわりたいという人が多いと思います。

この記事でわかる事

① エクステリアとインテリア
② エクステリアと外構の違い
③ エクステリアの必要性
④ リフォけんを使うメリット

エクステリアとインテリア

 

インテリアと同じく外回りにもインテリアの様に装飾的にその空間や環境を演出しくつろぎの空間や憩いを味わう空間を建物の外側に作り出すことが主流になってきたので、それらを「エクステリア」と呼ぶようになったのです。

外構とは

 外構とは、門やフェンス、カーポートといった家の外側を構成する構造物そのものを指す言葉です。つまり「エクステリア」を構成するのがいくつもの「外構」という言い方ができます。ですので先述のエクステリアも家の外側を装飾するものですので、外構工事とみなすことができます。実際に少し前までは「外構」も「エクステリア」も同じ意味合いで使われていました。

しかし近年では「外構」と「エクステリア」は明確に区分されることが多いようです。
インテリア=室内の装飾

エクステリア=外回りの装飾 という事になります。

エクステリアの必要性

家を建てるとまずは内装に拘りたくなりますが、マイホームをさらに引き立てるのもエクステリアの特徴です。

すべて木目調に統一し庭には緑の芝生、そこには子供たちと犬が走り回ってる♪その姿をサンルームでコーヒーを飲みながら見守る両親♪そんな空間を演出するのもエクステリアです。

このようにエクステリアを考える上で「どういう風に家の外側を使いたいか」ということが大事です。

インテリアで言えば子ども部屋にピアノを置きたいなら、間取りによっては勉強机のカタチや配置も変えないといけません。そもそも希望のピアノが入る間口がないと諦めないといけません。

エクステリアも同様に車や自転車を何台とめたいのか、どんな車種なのか、動線や外部の敷地のカタチ、玄関などの位置などを考えて門やフェンスといった外構を配置するように考えることが大切です。

大まかなエクステリアと外構の区別

エクステリア

エクステリアのアイテム 種類と特徴

  • 門扉(もんぴ)
  • 門柱(もんちゅう)
  • フェンス
  • ポスト
  • カーポート・ゲート
  • サイクルポート(自転車置場)
  • ウッドデッキ・タイルデッキ
  • サンルーム・テラス屋根 など

造園

植木や花、その土を対象とする工事です。

リフォけんを使うメリット

リフォームしたいけどどこにたのめばいいんだろう・・??

そんなお悩み リフォけんが解決いたします!

コンシェルジュが会社を厳選し、優良リフォーム会社だけをご紹介★

「お断りの代行」「サポート体制」「もしものときの安心リフォーム保証」

リフォけんのポイント1 「リフォーム会社の評価が分かる」

各リフォーム会社の口コミや事例がみれます。良い評判だけでなく、悪い評価も記載されていますので、本音を見ることができます。

リフォけんのポイント2「お断りの代行」

一度見積りに来てくれた業者には断りの連絡を入れるのは少し気が引けるものです。リフォけんではお客様のご要望がありましたら、リフォーム会社へのお断りの代行など、お客様に寄り添ったサービスをさせていただきます。

リフォけんのポイント3「 サポート体制 」

リフォームの際にはお客様が希望する内容をリフォーム会社に伝え、その内容にあった見積もりが提出されますが、お客様がリフォーム工事に詳しくない場合、大きな思い違いをしていることもあります。もしものトラブルに対しても、できる限りのサポートを行います。

ご相談は無料ですので下記の無料フォームからお気軽にお問合せ下さい!

関連記事

  1. 屋根材の種類(日本瓦)

  2. リフォームとリノベーションの違い

  3. 屋根塗装の必要性とタイミング

  4. お家の屋根修理は部分補修orリフォーム❔

  5. 屋根材の種類(トタン屋根)・メリットデメリット

  6. 雨漏りになった時のために知っておくべきこと

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。