トイレのリフォームのポイント

トイレリフォームの検討中、きれいなトイレにリフォームしたいという思いはもちろん、せっかくリフォームするなら後悔したくないという思いがある方もいるかもしれません。

毎日使うトイレ、綺麗にリフォームして快適なトイレ空間を実現しましょう。

この記事でわかる事

① トイレの種類
② トイレのリフォーム方法
③ トイレのリフォームのポイント
④ リフォームの費用目安
⑤ リフォけんを使うメリット

リフォームでトイレを快適な空間にするためには生活スタイルに合わせ選ぶことが大切です。トイレの基本の種類からリフォームの具体的なポイント、費用例を紹介します。

トイレの種類

トイレは大きく分けて和式トイレと洋式トイレの2種類に分けられ、洋式トイレは更にタンク一体型とセパレート型、タンクレス型の3種類に分けられます。

トイレはタンクと便座でできていますが、一体型になっているものから組み合わせているもの、そしてタンクレストイレなど省スペースなものが登場し、掃除のしやすさも工夫されています。それぞれのメリット・デメリットを考慮して、快適な空間にするための機能を選びましょう。

組み合わせタイプ

もっとも普及しているタイプで、独立した便器とタンク、便座などを組み合わせたもの。メリットは便座やウォシュレットは別売りのものを取り付けられたり、タンク上部の手洗いの有無も選べる自由度が高いことです。また故障しても便座やウォシュレットのみを取り換えることができます。ですがデメリットとして一体型よりも複雑な形状であるため掃除がしにくいことがあります。

タンクレストイレ

その名のとおりタンクがなく、すっきりとしたトイレです。何と言ってもコンパクトで限られたスペースでの設置が可能です。タンクありトイレに比べでこぼこや隙間がなく形がすっきりしているのでとても掃除がしやすいです。水圧で流すタイプなので連続して流すことができます。また、効率良く水を流してくれるので節水にもなります。ですがタンクに貯めずに直接水を流すので、水圧が低いと使えないことがあります。

タンクレストイレは本体に手洗いがついていないので、必ず別に手洗器や洗面の設置が必要になることと、ウォシュレットと便器部分が一体化しているので、どちらかが壊れると丸ごと修理をしなければならないというデメリットもあります。

一体型トイレ

便器とタンクと便座が一体化しているため組み合わせタイプのトイレよりもスリムになりスペースができます。またデザインもスタイリッシュものが多く無駄な隙間がないため、お掃除しやすいところが特徴です。

デメリットとしては本体価格が組み合わせタイプよりも高く、部分的な故障の際も一体型のためトイレを丸ごと交換しなければなりません。また、組み合わせタイプと同じで、タンクに水を溜めて流す仕組みなので、連続して水を流せません。

トイレは家族だけでなく、お客さまが使うこともあるので、清潔であること、不快感を与えないことが大前提です。清潔さと心地良さを感じる空間を保つため、掃除のしやすさは重要なポイントとなります。

最近は、従来の陶器に加えて、水アカのつきにくい有機ガラス系の新素材を使った便器など、汚れにくく掃除しやすい工夫をした便器が増えています。

最近のトイレは多機能になり、節水機能・脱臭機能は珍しくありません。流すたび便器内やノズルを洗浄してくれる自動洗浄機能や、便座・ふたを電動、あるいはワンタッチで持ち上げられる製品もあります。また、多機能リモコンやセンサーによる開閉など直接触れずとも清潔に保つ工夫も様々です。

トイレで気になるのが何と言っても「ニオイ」。トイレ内は湿度が上がりやすく、臭いがより強く感じられる場所です。壁に珪藻土やエコカラットなど、消臭や調湿機能を持った壁材を選ぶことも気持ちよく使用できる空間になります。

最近ではタンクから手洗いを独立させ、壁に取り付けるプランが人気です。簡単な工事で手洗いを分けることができるリフォーム用の便器セットもあります。壁材などとコーディネートすると、ぐっとおしゃれな空間に生まれ変わります。

最近のトイレは、便器だけでなく床材や壁紙まで汚れのつきにくい新素材が使われているものが増え、掃除の手間も格段に楽になっているのが特徴です。また、洗浄の水量が大幅に減っているため節水効果が高いこともメリットのひとつです。トイレをより快適な空間にするために、ショールームなどで実際に確認し、リフォームの空間をイメージすることがとても大切です。

トイレのリフォームの方法

トイレのリフォームをしたいけど、何日も使用できないのは困るし、、、といった声をよくお聞きします。

以前は、新しい便器への交換に床をはがす工事(床下の配管工事)が必要な場合が多く、工事完了までに数日かかることもありました。

しかし、各社からリフォームに対応した便器が発売されている現在では、専用のアジャスターを使用し、配管を床上から伸ばすことができるようになっています。

床上のみの工事で取替えが完了するので、工期が短く、さらに費用も安く抑えることができます。

トイレのリフォームは便器の交換が主な工事内容となっていますが、便器の交換だけではなく温水洗浄機の交換や床や壁の張り替え、収納の設置といったリフォームを行うこともあります。

トイレの床や壁は便器と同じように衛生的に保つのが難しい箇所でもあるため、便器の交換と同時にリフォームを行うときれいなトイレが蘇ります。

収納スペースが少ないと悩んでいる場合は、トイレに収納したい物の量に合わせて収納スペースを作ると良いでしょう。

トイレのリフォームのポイント

せっかくリフォームするのであれば後悔することのないようにしたいですよね。そこでトイレのリフォームで失敗しないためのポイントをご紹介します。

リフォームの目的や条件を明確に!

トイレは一度リフォームすると10~20年程度使うことが多いはず。

「○○の機能がほしい」「○○のデザインがいい」といった希望があるかもしれませんが、リフォーム時には今の希望だけではなく長期的な視点を持って判断することが大切です。

例えば、今は大丈夫だったとしても20年後には体の衰えを感じるかもしれない…というような場合、早めに手すりを設置しておく、滑りにくい床にしておく、といったことも検討してみても良いかもしれません。

サイズや床や壁を確認

トイレ全体のサイズによって取り付けられる便器のサイズも異なります。また、トイレ内のコンセント位置も確認しておきましょう。

また、トイレの床や壁は、思っている以上に汚れが飛び散りやすい箇所です。

そのため劣化が進みやすいので、便器を交換するタイミングで床や壁のリフォームも検討した方が良い場合も。

床や壁はトイレの雰囲気を左右するためデザイン性で選びたい人も多いと思いますが、汚れが飛び散っても拭き取りやすかったり臭いを吸収しにくいような素材を選ぶとお手入れが楽になるかもしれません。

予算を決めておきましょう

トイレのリフォームでは選ぶ商品や工事内容によって費用が異なりますが、計画性のある予算を建てることが大切です。

現状の不満やリフォームでの希望を家族で共有し、予算とのバランスを考えながらリフォーム範囲を決めていくようにしましょう。

ショールームなどを見ると理想ばかりが高くなってしまうこともありますが、リフォームにお金をかけすぎて生活が苦しくなってしまうようでは困りますよね。

予算に合ったリフォームを行うことがトイレリフォームの成功の秘訣です。

リフォームの費用目安

トイレのリフォーム費用の内訳は主に以下の3つ。

単にトイレ本体の交換だけで済む場合はトイレ本体価格が費用のほとんどを占めるが、交換にあたり床材も張り替えなければならない場合には、内装工事が必要になります。大工工事の内容次第で費用が変わります。

トイレ本体の価格

便座だけ交換する場合と便座・便器をセットで交換する場合で価格が異なります。節水性や清掃性による価格差はあまりないですが、タンクのあるタイプよりタンクレスのほうが高く、フタの自動開閉機能や脱臭機能など、便利で快適なオプション機能を選ぶほど価格が高くなります。

設置するための工事費

従来のトイレからどれくらい変更する(リフォームする)かによって、必要となる工事内容や費用が変わってきます。床や壁の内装工事が不要であるほど費用を安く抑えられます。

床材や壁材などの材料費

トイレと同時に床材や壁のクロスも新しくする場合、それらの材料費が必要になります。

例 普通の便座から温水洗浄便座へリフォーム

便座のみの交換なので、価格を抑えやすい。また交換作業はさほど難しくなく、DIYに自信のある施主なら自ら行うこともできるほどの内容だ。交換時間は30~40分程度。ネットには交換作業がわかる動画も掲載されているので、それを見ながら自分で行うのも手だ。

ただし温水洗浄便座に変えるためにはトイレ内にコンセントが必要になる。もし従来のトイレにコンセントがない場合、上記の費用に加えて壁にコンセントを備えるための電気工事と、配線を隠すための内装工事が必要になる。

【施工費用例】工事費込み 5万5000円

設備費:3万5000円 工事費:2万円

設備費/温水洗浄便座

工事費/撤去、設置費 

例 便器・便座を交換_温水洗浄便座付トイレから最新式トイレへリフォーム

従来のトイレが温水洗浄便座付トイレであれば、コンセントは既にトイレ内にあるので電気工事は必要ない。「ただし従来のトイレの跡が床に残るのは嫌だから床も一緒に交換したいという場合はその費用もかかります」。とはいえ、トイレ交換と別に床の張り替えを行うとなると、トイレを再び外す必要がある。「そのため、床の張り替えはトイレの交換と一緒に行うことをおすすめしています。費用もそのほうが安く抑えることができます」(木村さん)

トイレの交換、床の張り替え工事だけなら、1日あればリフォームできる。

【施工費用例】工事費込み 15万円

設備・建材費:12万5000円 工事費:2万5000円

設備・建材費/温水洗浄便座付トイレ、紙巻器、タオルハンガー、リモコン

工事費/撤去、設置費

例 タンクありトイレからタンクレストイレへリフォーム

トイレ交換後の床の張り替えを行うとなると、トイレを再び外す必要があるため、床の張り替えを希望する場合は、トイレの交換と一緒に依頼するのがおすすめだそう。

タンクありのトイレではタンクに給水する部分で手を洗うことができたが、タンクレストイレにはそれがないため、トイレ内で手を洗いたい場合は別途手洗い器を新設しなければならない。

「ただしトイレが狭かったり、配管が難しい場合は設置できない場合があります。また隣に洗面所があるから不要とお客様が要望される場合は、配管を新設する水道工事は行いません」(稲葉さん)

手洗い器を備えるには、給排水管を洗面所等から分岐する方法と、トイレ本体から分岐する方法があり、設置するための費用や手洗い器のデザイン、価格等を考慮して選ぶことができる。

手洗い器を新設する場合でも、1日あればリフォームできる。

【施工費用費】工事費込み 17万7000円

設備・建材費:15万2000円 工事費:2万5000円

設備・建材費/温水洗浄便座付トイレ、紙巻器、タオルハンガー、リモコン

工事費/撤去、設置費

例 和式トイレから洋式トイレ(温水洗浄便座付トイレ)へリフォーム

和式トイレと洋式トイレは床の形状が異なるため、そのままでは設置できない。「和式から洋式トイレにする場合には、まず床を一度壊してつくり直す必要があります。そのため他の施工例と比べて解体処分費が増え、作業にも時間と費用がかかるのです。また給排水管や電源も新設する必要もあります」(稲葉さん)

床の解体やコンクリートの打ち直しなどに時間がかかり、リフォームには3~4日かかる。

【施工費用例】工事費込み 28万3000円

設備・建材費:12万5000円 工事費:15万8000円

設備・建材費/温水洗浄便座付トイレ(タンクあり)、紙巻器、タオルハンガー

工事費/解体撤去、内装・電気・給排水工事、設置費など

リフォーム業者を探す

リフォームをする際に、多くの人が通る悩みのひとつが、リフォーム業者の正しい探し方が分からないというものです。
実は、500万円以下の改修工事には建築業許可が必要がない為、沢山のリフォーム会社が溢れているのが現状です。
中には、安い価格を提示して無責任な工事を行ったり、相場より高額な費用を請求したりする悪徳業者も数多く存在します。

本来であればまず初めに、任せそうなリフォーム業者をご自身で2~3社ほどピックアップしていき、最終的に最後の1社に絞って依頼に至るという流れです。

実はこの見極めがとても難しく、多くの方が迷ってしまい時間だけが過ぎてしまいます。

当サイトでは施工業者を無料で紹介出来る見積もりサイトとなっておりますので、知り合いや付き合いのある業者が思いつかない方にとっては、地域で安心出来る業者を紹介出来るため、業者探しの有力な手段になると思います。

メリット

  • 見過ごしがちな近所の施工店を探せる
  • 一括して複数の業者に見積もりを取れる

地域名で検索をかけると、近くの工務店のHPに辿り着き、施工実績や口コミを確認することができますので自分がやりたいリフォームに対応しているかどうか、確認しましょう。

デメリット

  • 業者の人柄が見えにくく信頼しづらい

インターネットを使って業者探しをするデメリットは、リフォーム業者の信頼度や人柄が掴みづらいという点です。その点、リフォけんでは業者が直接お客様にご連絡を致しますのでその後の調査などの調整も可能です。そして信頼出来る業者であれば依頼して見積もりを出してもらうと良いでしょう。

そして費用が高額になることもある外壁塗装ですが、金額だけを見て施工業者を選ぶのは危険です。満足度の高いリフォームを行うためにも、過去の事例なども確認しながら業者選びは慎重に行い、安心のリフォームを実現させましょう。

まとめ 

トイレのリフォームには費用がかかるため、できるだけ失敗することなく満足のいくトイレにリフォームしたいですよね。

ひと言でトイレをリフォームするといっても、DIYでできそうな簡単なケースから、電気工事や大工工事などが必要になるケースまで、工事内容の幅が広くあります。当然工事の作業が多いほど費用もかかってきます。また、現在のトイレスペースの広さや、一戸建てか集合住宅かという違いで、工事ができるかどうかも変わってきます。

この記事を参考にしてご検討してみてください。

リフォけんを使うメリット

リフォームしたいけどどこにたのめばいいんだろう・・??

そんなお悩み リフォけんが解決いたします!

コンシェルジュが会社を厳選し、優良リフォーム会社だけをご紹介★

「お断りの代行」「サポート体制」「もしものときの安心リフォーム保証」

リフォけんのポイント1 「リフォーム会社の評価が分かる」

各リフォーム会社の口コミや事例がみれます。良い評判だけでなく、悪い評価も記載されていますので、本音を見ることができます。

リフォけんのポイント2「お断りの代行」

一度見積りに来てくれた業者には断りの連絡を入れるのは少し気が引けるものです。リフォけんではお客様のご要望がありましたら、リフォーム会社へのお断りの代行など、お客様に寄り添ったサービスをさせていただきます。

リフォけんのポイント3「 サポート体制 」

リフォームの際にはお客様が希望する内容をリフォーム会社に伝え、その内容にあった見積もりが提出されますが、お客様がリフォーム工事に詳しくない場合、大きな思い違いをしていることもあります。もしものトラブルに対しても、できる限りのサポートを行います。

ご相談は無料ですので下記の無料フォームからお気軽にお問合せ下さい!

関連記事

  1. 洗面所を使い勝手よくリフォームしたい

  2. トイレ掃除のコツ 2分でできる簡単掃除

  3. 外壁塗装の正しい塗り方【DIYやプロの手順】

    外壁塗装の正しい塗り方【DIYやプロの手順】

  4. 外壁塗装の最適な時期とタイミング

  5. 外壁サイディングの基本

  6. 屋根材の種類(トタン屋根)・メリットデメリット

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。