洗面所(洗面台)のリフォームをお考えの方へ

洗面所は毎日洗顔や歯磨きで使用したり身だしなみを整えたりする場所です。できるだけきれいに保ちたいですが、頻繁に水を使うため劣化しやすい箇所でもあります。洗面所のリフォームはいつおこなえばいいのでしょうか?そして費用はどのくらいなのでしょうか?今回は洗面所のリフォーム時期や費用相場、また洗面台の交換で費用を抑えるコツもご紹介します。

この記事でわかる事

① 洗面所のリフォーム時期
② 洗面台の種類
③ 洗面所のリフォームに掛かる費用
④ 浴室リフォームと同時に行うメリット
⑤ リフォけんを使うメリット

洗面所(洗面台)のリフォーム時期

洗面所などの水回りは毎日使用するため、寿命が約10~15年ほどと言われています。

壁の汚れなどが目立ってきた場合、排水口や排水管の詰りで異臭が発生するような不具合が起きてきたら、洗面所のリフォームが必要だと考えていいでしょう。他にも、収納場所を増やして空間をすっきりとさせたい、こどもも成長に合わせて洗面所を広くしたいというようにライフスタイルの変化に応じてリフォームを行うことも重要になってきます。

タオルや石けん、歯ブラシ、カミソリ、洗剤…というように、洗面所に収納する生活雑貨は実は山ほどあります。それらの物をすっきりと収納しながら、機能的で明るく、身支度がはかどる空間であること−−。洗面所に求める条件は、意外とたくさんあるのです。

リフォームをすることで様々な不具合が解消されますし、使い勝手の良い洗面所に生まれ変わることができます。

洗面所リフォームは、大きく2つのタイプに分けられます。それぞれの特徴と注意点を見てみましょう。

洗面化粧台交換のリフォーム

洗面化粧台だけを交換する、シンプルなリフォームです。基本的には1日で交換できます。ものによっては壁下地の入れ替えが必要になるかもしれません。

洗面空間まるごとのリフォーム

既製品ではないオリジナル洗面台、レイアウト変更、壁紙や床の張り替えなど内装工事を伴うリフォームです。規模によっては工事が長くかかり(2~4日程)、その間、浴室・洗面所・洗濯機が使えなくなります。

洗面所は顔を洗ったり、身だしなみを整えることが本来の使い方ですが、お風呂場や洗濯機に隣接していればそこで服を脱ぐことになります。 用途によって洗面所に求められる機能が違ってくるため、ご自身や家族のライフスタイルに合ったものを選びましょう。

洗面台について

洗面台のリフォームは工事内容によって費用が変わってきますが、洗面台の商品は価格帯によってどのような違いがあるのでしょうか。主に価格帯はサイズ、グレード、素材によって異なるため、それぞれご紹介します。

・ローグレード

最低限の機能で良いという人向け

サイズ幅50~75cm

本体費用相場5~15万円

・ミドルグレード

化粧等毎日よく使用する人向け

サイズ幅60~75cm

本体費用相場10~20万円

・ハイグレード

使い勝手が良く収納も多い、家族向け

サイズ幅74~90cm

本体費用相場20~30万円

洗面所リフォームにかかる費用

洗面所のリフォームを行う場合、リフォームにどのくらいの費用がかかるのかが気になりますよね。必ずしもすべての工事を行うとは限りませんが、洗面所全体をリフォームしたときの費用の内訳をご紹介します

リフォームにかかる費用は4つに分けることができます。

・洗面台本体

・洗面台の設置工事費

・材工費を含む内装工

・その他工事(給排水管移設など)

上記の費用はすべてを支払うのではなく、実施する作業内容によって金額が変わります。 床や壁の張り替えをしないのであれば3や4は不要になりますが、洗面所を移動するときは4つすべての費用がかかってきます。

・洗面台本体

洗面所のリフォームは洗面台の交換が主なリフォーム内容です。洗面台本体にかかる費用は、さまざまなメーカーから販売されている商品の中からどれを選ぶかによって変わってきます。Panasonic・LIXIL・クリナップ・TOTO・FIRSTPLUS・TOCLASなどがメーカーとして洗面台を取り揃えています。洗面台に求める機能や使い勝手、お手入れの簡単さ、デザインなどを判断材料として、家族で話し合って洗面台の商品を選ぶようにしましょう。

・設置費用

洗面所のリフォームのうち洗面台の交換のみを行うとしても、洗面台本体の価格の他に設置費用がかかります。工事の前の搬入時に家を傷付けないための養生費用、もともとの洗面台の解体や廃棄にかかる費用、配管の接続費用、新しい洗面台の組み立て費用などが設置費用に含まれます。

・内装費

古い洗面台と新しく設置する洗面台のサイズが必ずしも同じとは限りません。古い洗面台よりも新しい洗面台の方がコンパクトだった場合、壁や床に古い洗面台の形に跡が付いていることがあります。洗面台が新しくなった分、壁や床がそのままだと汚れや古さが気になってしまうことも。一度リフォームが終わったあとで気になって再度内装リフォームを依頼しようと思うと、養生などの費用が余計にかかってしまいます。また洗面所はお風呂と面しているため、床がぶよぶよしてくることも。壁だけではなく床の張り替えが必要な場合もあります。そのため洗面台の交換を行う際には壁や床などの内装もセットでリフォームすることをおすすめします。

必要に迫られていなかったとしても、雰囲気を変えたい、おしゃれな洗面所にしたい、という思いから内装工事を行う場合もあります。壁や床に使用するクロスやクッションフロアもグレードがさまざまなので、予算とのバランスを考慮しながら選ぶようにしましょう。

・給排水管の移設など

洗面所のリフォームにおいて洗面台の位置を変える場合、給排水管の移設を行う必要があります。同じ位置で洗面台の交換を行う場合よりも費用はかかってしまいますが、洗面台の位置を変えることで快適に使えるようになるのであれば位置の変更を行うのも良いでしょう。使い勝手の悪い位置に洗面台があると、毎日使用するとなるとストレスになってしまいますよね。洗濯機の位置や脱衣スペース、収納などと兼ね合いを見て決めるようにしましょう。

洗面台の取替

  10〜30万円

洗面台の取替と内装工事

  38万円

洗面所床の補修・張替え

  3〜5万円

浴室と洗面所の同時リフォームのメリット

お風呂と洗面所は隣接していることが多いですが、同時にリフォームすることにはどのようなメリットがあるのでしょうか。実際に同時にリフォームを考えている人は多く、メーカーやリフォーム会社でも同時リフォームをおすすめしていることが多くあります。

どのような理由からなのでしょうか。

・費用を抑えられる

お風呂と洗面所を同時にリフォームすることとの最大のメリットは、何といっても費用を抑えられる点です。

水回りのリフォームはお風呂と洗面所の2点セット、トイレやキッチンも同時に行う3点セットや4点セットといったパックでのプランを多くのリフォーム会社で取り扱っています。

特にお風呂と洗面所はほとんどの家で隣り合っているため、効率的に作業できることからお得にリフォームすることができます。

一度に大きな出費になることを避けるために少しずつリフォームを行いたいと思う人もいるかもしれませんが、いずれにしても数年後にはリフォームしなければいけないといった状態であるのであれば、早めに同時リフォームしてしまうことをおすすめします。

・統一感を出せる

お風呂と洗面所を同時にリフォームすることで、統一感を出しやすいのも同時リフォームのメリット。同じリフォーム会社によるリフォームプランなので、似ているデザインのパーツや色合いを選びやすく統一感を出すことができます。

お風呂や洗面所は生活空間ではないためそこまでインテリアにこだわらないという人もいるかもしれませんが、隣接している分ちぐはぐだと気になってしまいますよね。

どちらかをリフォームした数年後にもう片方をリフォームするという場合、気になっていた製品がリニューアルして雰囲気が変わってしまうといったこともあります。お風呂と洗面所の統一感が気になる方にとっては同時リフォームがおすすめです。

・耐用年数が近い

水回りは生活に欠かせない箇所ですが、水を毎日使うことや湿気がこもりやすいことから耐用年数はそう長くありません。お風呂と洗面所はどちらも10~15年が一般的な耐用年数なので、劣化の進み度合いも同じくらいであることも多いはず。

まだ5年以上は使えそうといった場合にわざわざ同時リフォームするのはもったいないですが、数年程度の違いであれば同時に行った方がお得かもしれません。使い方や環境にもよるため一概にはいえませんが、どちらかのリフォームを検討する際には、もう片方の劣化度合いも確認してみると良いでしょう。

リフォーム業者を探す

リフォームをする際に、多くの人が通る悩みのひとつが、リフォーム業者の正しい探し方が分からないというものです。
実は、500万円以下の改修工事には建築業許可が必要がない為、沢山のリフォーム会社が溢れているのが現状です。
中には、安い価格を提示して無責任な工事を行ったり、相場より高額な費用を請求したりする悪徳業者も数多く存在します。

本来であればまず初めに、任せそうなリフォーム業者をご自身で2~3社ほどピックアップしていき、最終的に最後の1社に絞って依頼に至るという流れです。

実はこの見極めがとても難しく、多くの方が迷ってしまい時間だけが過ぎてしまいます。

当サイトでは施工業者を無料で紹介出来る見積もりサイトとなっておりますので、知り合いや付き合いのある業者が思いつかない方にとっては、地域で安心出来る業者を紹介出来るため、業者探しの有力な手段になると思います。

メリット

  • 見過ごしがちな近所の施工店を探せる
  • 一括して複数の業者に見積もりを取れる

地域名で検索をかけると、近くの工務店のHPに辿り着き、施工実績や口コミを確認することができますので自分がやりたいリフォームに対応しているかどうか、確認しましょう。

デメリット

  • 業者の人柄が見えにくく信頼しづらい

インターネットを使って業者探しをするデメリットは、リフォーム業者の信頼度や人柄が掴みづらいという点です。その点、リフォけんでは業者が直接お客様にご連絡を致しますのでその後の調査などの調整も可能です。そして信頼出来る業者であれば依頼して見積もりを出してもらうと良いでしょう。

そして費用が高額になることもある外壁塗装ですが、金額だけを見て施工業者を選ぶのは危険です。満足度の高いリフォームを行うためにも、過去の事例なども確認しながら業者選びは慎重に行い、安心のリフォームを実現させましょう。

まとめ

洗面所をリフォームする際、洗面台本体の価格、工事費用、内装費、給排水管の移設などの費用がかかってきます。洗面台の交換だけであれば洗面台本体の価格と工事費用だけで済みますが、同時に内装もリフォームするとお得になる場合もあります。洗面台の場所を移動させる場合には給排水管の移設も行う必要があるため少し費用が高くなってしまいます。また洗面所リフォームの価格帯は15万円未満、15~20万円、20万円以上の3種類に分けられ、洗面台のサイズやグレード、洗面ボウルの素材によって洗面台本体の価格が変わってきます。

洗面台のリフォームでは、費用を抑えたいというニーズは強いものの、まずは洗面台を毎日化粧などで使うものか、手を洗うだけのものかなど使用頻度を見定めて、自分に合ったものを選ぶようにしましょう。

リフォけんを使うメリット

リフォームしたいけどどこにたのめばいいんだろう・・??

そんなお悩み リフォけんが解決いたします!

コンシェルジュが会社を厳選し、優良リフォーム会社だけをご紹介★

「お断りの代行」「サポート体制」「もしものときの安心リフォーム保証」

リフォけんのポイント1 「リフォーム会社の評価が分かる」

各リフォーム会社の口コミや事例がみれます。良い評判だけでなく、悪い評価も記載されていますので、本音を見ることができます。

リフォけんのポイント2「お断りの代行」

一度見積りに来てくれた業者には断りの連絡を入れるのは少し気が引けるものです。リフォけんではお客様のご要望がありましたら、リフォーム会社へのお断りの代行など、お客様に寄り添ったサービスをさせていただきます。

リフォけんのポイント3「 サポート体制 」

リフォームの際にはお客様が希望する内容をリフォーム会社に伝え、その内容にあった見積もりが提出されますが、お客様がリフォーム工事に詳しくない場合、大きな思い違いをしていることもあります。もしものトラブルに対しても、できる限りのサポートを行います。

ご相談は無料ですので下記の無料フォームからお気軽にお問合せ下さい!

関連記事

  1. エクステリアと外構って違うの?

  2. 外壁塗装の基礎知識

  3. トイレの種類(メリット・デメリット)

  4. クッションフロアとは?

  5. 屋根材の種類(アスファルトシングル)

  6. 苫小牧市で外壁塗装をお考えの方へ(基礎知識)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。