キッチンの種類とリフォームのポイント

毎日使うキッチンは、心地よい空間でありたいものですよね。

家事導線が考えられている、使い勝手の良いキッチンにするだけで、毎日楽しく過ごせるようになります。
デザインはそれぞれ好みがありますが、キッチンリフォームポイントは導線設計にあります。
家族構成や、ライフスタイルなどを考慮し、作業効率・導線設計を考える事で、使いやすいキッチンにリフォームする事が出来ます。

今回はキッチンの種類と気をつけたいポイントを挙げさせて頂きました。
ご自身のキッチンリフォーム時の知識としてご活用下さい。

この記事でわかる事

① キッチンの種類
② キッチンを選ぶうえで確認すべきポイント
③ リフォーム計画の4ステップ
④ まとめ
⑤ リフォけんを使うメリット

キッチンの種類

キッチンは、形や向きによってたくさんの種類に分けられます。形と向きの組み合わせによっても大きく印象が変わってくるので、それぞれの特徴を把握しておくと良いでしょう。

キッチンには形によってI型キッチンやL型キッチン、セパレートキッチン、アイランドキッチン、ペニンシュラキッチンなど、いくつかの種類に分けられます。

それぞれ特徴や費用が異なるため事前に知識を身に付けておきましょう。

I型キッチン

I型キッチンとは、コンロと調理台、シンクが横一列に並んだキッチンのこと。

キッチンを上から見たときにアルファベットの「I」の形をしているためI型キッチンと呼ばれています。

キッチンの形状の中でもオーソドックスなタイプなので、リフォームの検討中に見かけたことがある人も多いかもしれません。

料理をする上で使用するパーツが並ぶため、横に長いキッチンになります。

L型キッチン

L型キッチンとは、キッチンを上から見たときにアルファベットのLの形になっているタイプのことをいいます。

コンロとシンクが直角になっており、調理台の部分がL字の角になっていることからL型キッチンと呼ばれています。

全てが横並びのI型キッチンと違って、キッチン内での移動距離が短いのがメリットですが、L字の角をデッドスペースに感じてしまうことも。

ゴミ箱を置いたり使う食材を置いたりする場所として有効に使える人にとっては魅力的なキッチンの形状かもしれません。

セパレート型キッチン

セパレート型キッチンは、コンロとシンクを別のスペースに配置するタイプのことをいいます。

コンロと調理台、シンクを横一列に配置するI型キッチンに対して、二列に並ぶ形状であることから「Ⅱ型キッチン」と呼ばれることもあります。

コンロとシンクが別なので作業スペースを広く確保することができます。

アイランドキッチン

アイランドキッチンは、リキッチンの両側が壁から離れた状態で「島」のような形をしているキッチンのこと。

キッチンの両側から出入りできるため複数人での調理をしやすいのがメリット。

カウンターキッチンのようにリビングやダイニングの方を向いて作業をできるので、家族とコミュニケーションを取りやすい形状となっています。

また開放感のあるデザインも特徴なので、おしゃれなキッチンにしたい人に非常に人気の形状です。

その一方でアイランドキッチンはカウンターキッチンのように立ち上がりがないため、リビングやダイニング側への油跳ねや水跳ねに注意が必要です。

ペニンシュラキッチン

キッチンが壁から離れているアイランドキッチンに対して、片方だけ壁に付いていることから「半島」を意味するペニンシュラキッチンと呼ばれています。

アイランドキッチンのようなおしゃれさがありつつ、アイランドキッチンの弱点をカバーできるメリットも持ち合わせています。

壁と離れているアイランドキッチンでは壁とキッチンの間の通路を確保する必要がありますが、ペニンシュラキッチンでは通路分のスペースが必要ありません。

・向きによる違い

形だけではなく、キッチンが壁の方を向いているかリビングやダイニングの方を向いているのか、向きによっても違いが出てきます。

壁付けキッチン

壁付けキッチンは文字通り、調理台を壁に引っ付けたような形のキッチンのこと。

壁の方を向いて調理を行うため、料理に集中できる点や背面の空間を有効活用しやすい点が壁付けキッチンのメリットです。

その一方で食器棚の配置が難しい点やリビング側からキッチンが丸見えになってしまうなどデメリットもあります。

カウンターキッチン

そんな壁付けキッチンに対して、リビング側を向いて調理を行うのがカウンターキッチン。

最近は壁付けキッチンよりもカウンターキッチンの割合が増えており、壁付けキッチンからカウンターキッチンにリフォームする事例もあります。

カウンターキッチンはリビングやダイニングの方を向いて調理できるため、家族とのコミュニケーションを取りやすい点や開放感がある点がメリット。

背面にカップボードを配置するとキッチン内の作業をしやすくなります。

対面キッチンにすると背面カップボードとの通路が必要になるので、リビングやダイニングのスペースが狭くなってしまうことがデメリットとなります。

キッチンを選ぶうえで確認すべきポイント

キッチンリフォームでシステムキッチンを選ぶ際には、使いやすさを重視することが大切です。でも、使いやすさは人それぞれ異なりますので、自身のスタイルに合ったキッチン選びが重要になります。ここでは、理想のキッチンを実現するために確認しておきたい、代表的なポイントをご紹介します。

家事動線を考えた配置

キッチンの中だけではなく家事全般、毎日の生活のしやすさが大事です。

炊事と洗濯を同時にこなしたいなら、洗面室はキッチンに近接させると、ふだんの家事の動きがスムーズに効率よくなります。生活の流れをイメージして配置を決めましょう。

キッチンの広さとシステムキッチンのバランスがとれていないと、作業効率が悪くて使いにくくなります。

冷蔵庫と台所の距離、調理を盛り付ける食器の収納場所、食事を運ぶテーブルの場所などをイメージしながら家事動線を考えてシステムキッチンの配置を検討しましょう。キッチンの広さや、冷蔵庫や食器棚を配置する場所を考えて、システムキッチンのレイアウトを絞り込んでください。

収納スペースは調理のしやすさと収納力を考慮

キレイなキッチンを維持するには、収納スペースの確保が大切です。よく使うものは近くに、重いものは低い位置にしまうのが基本。小さくても貯蔵スペースがあると便利です。

システムキッチンの収納スペースは調理のしやすさを考えることも大切です。

よく使う調理道具や調味料は取り出しやすいところに、あまり使わない調理器具などは手が届かないような場所にするなど、収納場所の優先順位を考えてみましょう。

収納力の良さはシステムキッチンの種類によって違います。たとえば、コンロとシンクが分かれているⅡ型キッチンのキッチンは使い勝手は良いですが、壁面側も調理台としているため、対面式より収納力は少なくなります。また、I型とL型ならL型が収納力はあります。食器や調理器具、食品などのストックが多い方は、その辺りも配慮してシステムキッチンを選びましょう。

必要となる毎日のお手入れ

基本的にキッチンは毎日使う場所なので、どうしても汚れやすくなります。お手入れのしやすさはシステムキッチンの素材によって異なるため、予算に応じて素材も検討してみましょう。

天板の素材によって汚れが落ちやすかったり、熱に強く、そのまま熱い鍋を置いても焦げたり、変色しない素材もあります。

また、シンクの形状によって野菜くずなどのゴミが流れやすく、排水溝にディスポーザをつければ、調理後の後片付けや掃除も楽になります。オプションを追加するとさらに利便性がアップするシステムキッチンもあるので、複数の選択肢を検討してみましょう。

リフォーム計画の4ステップ

リフォームをする方は誰もが失敗したくないと思いますよね。

しかし、リフォームを経験したことがない方には、何を意識したら良いかがわからないでしょう。

ここからは、リフォームを成功させるためのポイントをいくつか紹介します。

1つ目のコツは、不満点を洗い出すことです。

現在使用しているキッチンに不満を感じているのであれば、リフォームをする際にその部分を改善した方が良いでしょう。

手元が暗かったり、家族間のコミュニケーションが取りにくかったり、匂いがこもったりといった不満が考えられます。

これらの他にも、家庭ごとで異なる不満があるでしょう。

家族の中でしっかりと話し合いをして不満な点を書き出しておくことをお勧めします。

2つ目のコツは、イメージを膨らませることです。

不満点を明らかにできた場合は、本やインターネットでキッチンを見て、ご自身の理想のイメージを探しましょう。

施工事例を参考にしてどのようなキッチンの種類や間取りがあるのかを決めておくと良いです。

3つ目のコツは、間取りを決めることです。

不満点やイメージがはっきりした後は、キッチンの間取りを決めていきましょう。

I型キッチンやII型キッチン、L型キッチンなどの他にも様々なキッチンがあります。

ご自身の理想のイメージに合うようなキッチンを選びましょう。

4つ目は、必要な設備を決めることです。

キッチンをリフォームする場合は、ガスコンロやIHのどちらを使用するのか、食洗機を設置するかどうかを決める必要があります。

現在使っているものを全て取り替えてしまうと、かなりのお金が必要になるので、本当に必要な設備を厳選しましょう。

リフォーム業者を探す

リフォームをする際に、多くの人が通る悩みのひとつが、リフォーム業者の正しい探し方が分からないというものです。
実は、500万円以下の改修工事には建築業許可が必要がない為、沢山のリフォーム会社が溢れているのが現状です。
中には、安い価格を提示して無責任な工事を行ったり、相場より高額な費用を請求したりする悪徳業者も数多く存在します。

本来であればまず初めに、任せそうなリフォーム業者をご自身で2~3社ほどピックアップしていき、最終的に最後の1社に絞って依頼に至るという流れです。

実はこの見極めがとても難しく、多くの方が迷ってしまい時間だけが過ぎてしまいます。

当サイトでは施工業者を無料で紹介出来る見積もりサイトとなっておりますので、知り合いや付き合いのある業者が思いつかない方にとっては、地域で安心出来る業者を紹介出来るため、業者探しの有力な手段になると思います。

メリット

  • 見過ごしがちな近所の施工店を探せる
  • 一括して複数の業者に見積もりを取れる

地域名で検索をかけると、近くの工務店のHPに辿り着き、施工実績や口コミを確認することができますので自分がやりたいリフォームに対応しているかどうか、確認しましょう。

デメリット

  • 業者の人柄が見えにくく信頼しづらい

インターネットを使って業者探しをするデメリットは、リフォーム業者の信頼度や人柄が掴みづらいという点です。その点、リフォけんでは業者が直接お客様にご連絡を致しますのでその後の調査などの調整も可能です。そして信頼出来る業者であれば依頼して見積もりを出してもらうと良いでしょう。

そして費用が高額になることもある外壁塗装ですが、金額だけを見て施工業者を選ぶのは危険です。満足度の高いリフォームを行うためにも、過去の事例なども確認しながら業者選びは慎重に行い、安心のリフォームを実現させましょう。

まとめ

今回は、リフォームをお考えの方へキッチンの種類とリフォームのポイントを紹介しました。

壁付きキッチンや対面キッチンなどの種類やグレード、オプションによって金額が変わります。作業効率の良さや収納力、お手入れのしやすさなどを考慮して、予算の範囲内で選べるシステムキッチンの種類を検討してください。
リフォーム後に後悔しないためにも、数年後の年齢や家族構成も考慮して使いやすさを検討することをおすすめします。

ポイントと4ステップをリフォームを成功させるために参考にして、理想的なキッチンを作っていただければ幸いです。

リフォけんを使うメリット

リフォームしたいけどどこにたのめばいいんだろう・・??

そんなお悩み リフォけんが解決いたします!

コンシェルジュが会社を厳選し、優良リフォーム会社だけをご紹介★

「お断りの代行」「サポート体制」「もしものときの安心リフォーム保証」

リフォけんのポイント1 「リフォーム会社の評価が分かる」

各リフォーム会社の口コミや事例がみれます。良い評判だけでなく、悪い評価も記載されていますので、本音を見ることができます。

リフォけんのポイント2「お断りの代行」

一度見積りに来てくれた業者には断りの連絡を入れるのは少し気が引けるものです。リフォけんではお客様のご要望がありましたら、リフォーム会社へのお断りの代行など、お客様に寄り添ったサービスをさせていただきます。

リフォけんのポイント3「 サポート体制 」

リフォームの際にはお客様が希望する内容をリフォーム会社に伝え、その内容にあった見積もりが提出されますが、お客様がリフォーム工事に詳しくない場合、大きな思い違いをしていることもあります。もしものトラブルに対しても、できる限りのサポートを行います。

ご相談は無料ですので下記の無料フォームからお気軽にお問合せ下さい!

関連記事

  1. 雨樋修理・3通りの交換方法

  2. L型キッチンのメリット・デメリット

  3. 屋根材の種類(アスファルトシングル)

  4. 和室のリフォームの種類

  5. クッションフロアとは?

  6. 畳の張替え・DIYはあまりおすすめ出来ません

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。