Ⅰ型キッチンのメリットとデメリット

キッチンのリフォームやリノベーションを考えたときに、キッチンのレイアウトをどのようにしたらいいか迷っていませんか?今回はI型キッチンという多くの方が馴染みのあるタイプのキッチンレイアウトのメリットとデメリットについてご紹介します。

I型キッチンについての知識を深めて、キッチンリフォームやリノベーションを成功させましょう。

この記事でわかる事

① Ⅰ型キッチンとは?
② Ⅰ型キッチンのメリット
③ Ⅰ型キッチンのデメリット
④ まとめ
⑤ リフォけんを使うメリット

Ⅰ型キッチンとは

キッチンにはいくつかの種類があるため、リフォームする際には形状ごとの特徴を知っておきたいものです。今回詳しくご紹介していくI型キッチンは、コンロと調理台、シンクが横一列に並んだキッチンのこと。

キッチンを上から見たときにアルファベットの「I」の形をしているためI型キッチンと呼ばれています。

キッチンの形状の中でもオーソドックスなタイプなので、リフォームの検討中に見かけたことがある人も多いかもしれません。料理をする上で使用するパーツが並ぶため、横に長いキッチンになります。

Ⅰ型キッチンのメリット

ここからはI型キッチンのメリットをご紹介します。

リフォームを検討されている方はここで紹介する内容を参考に、どのような形が最適なのかを比較してみましょう。

省スペースで設置しやすい

I型キッチンは、他の形状と比べて広いスペースを必要としないのがメリットです。

なかでも壁側に設置する壁付型は、調理をする人が立つスペースさえ確保すればキッチンとして成立するため、多くの賃貸住宅や一般家庭で採用されています。

作業効率が良い

I型キッチンは、コンロとシンク・調理スペースが横一列に配置されているため、キッチン動線が良く動きやすい構造とされています。

体の向きを変えたり無駄な動きをすることがないため作業効率を上げられる点もI型キッチンのメリットだといえます。

シンプル故に手の届く距離で料理を完結することもできるので、使い勝手はかなり良いといえます。

価格が比較的リーズナブル

I型キッチンは、他のキッチンレイアウトのタイプと価格を比較すると、リーズナブルなものが多いでしょう。その理由としては、複雑な形ではないため、キッチン自体の材料費や加工費が抑えられるからです。

L型からI型、アイランドキッチンからI型といったように形状を変えたり、キッチンを別の位置にずらしたりする場合は、壁紙などの付帯工事が必要になるため費用が高くなる傾向にあるため注意が必要です。

I型キッチンのデメリット

I型キッチンにはどのようなデメリットがあるのかを確認していきましょう。

作業動線の長さ

I型キッチンの横幅が長くなると、横への移動が長くなることから、動線が悪くなるのがデメリットです。

特に壁付けのI型キッチンの場合は、食器棚や冷蔵庫をキッチンの横に置くことがあるので、横への動線が長くなりやすいです。

キッチンがリビングやダイニングから見える

壁付け型のI型キッチンの場合、リビングやダイニング側からキッチンに置かれているものが丸見えになります。家族以外の方にキッチンを見せたくない方は、この点は注意しなければいけません。

I型キッチンの設置

I型キッチンの設置には主に4つのタイプに分けることができます。

 ・ 壁付型

 ・ 対面型

 ・ ペニンシュラタイプ

 ・ アイランド型

上記4つがI型キッチンの基本となるレイアウトの種類です。ご自分のキッチンに合った種類を選ぶのが良いでしょう。

対面型

対面型はダイニング側に向いているレイアウトのため、家族や友人とのコミュニケーションが取りやすい構造となっています。

対面型のキッチンは、ダイニング側との間にカウンターをつけておしゃれなカウンターキッチンにすることもできます。カウンター上で軽食を取ったり、インテリアを飾り雰囲気を演出したりとバリエーションの幅が広くなるのも特徴です。

ペニンシュラタイプ

ペニンシュラタイプは、ダイニング側を向いたキッチンで対面式のような仕切り壁がないレイアウトです。あえてキッチンをオープンに見せることで、空間全体を見渡すことができます。

ペニンシュラタイプはキッチン内が丸見えのため、清潔さを保つ必要があります。そのため、他のキッチンよりも念入りな手入れが必要です。

アイランド型

アイランド型キッチンとは、キャビネットの四方が壁から離れて独立し、キッチンの中央に配置されたものです。

見た目が海に浮かぶ島に見えることから「アイランド型」と呼びます。料理を作る導線や配膳の効率が良く、大人数にも対応できるのが特徴です。

まとめ

今回ご紹介したI型キッチンは、数あるキッチンの形の中でもオーソドックスな形状であるため馴染みがある人も多いのではないでしょうか。I型キッチンは壁付けタイプとカウンタータイプに分かれ、それぞれ特徴が異なります。壁付けタイプは特に設置するためのスペースを必要としないこと、カウンタータイプは家族とのコミュニケーションを取りやすいことがメリット。その一方で壁付けタイプはリビングやダイニング側からキッチン内が丸見えになってしまうこと、カウンタータイプは臭いや水はねに注意が必要です。

リフォけんを使うメリット

リフォームしたいけどどこにたのめばいいんだろう・・??

そんなお悩み リフォけんが解決いたします!

コンシェルジュが会社を厳選し、優良リフォーム会社だけをご紹介★

「お断りの代行」「サポート体制」「もしものときの安心リフォーム保証」

リフォけんのポイント1 「リフォーム会社の評価が分かる」

各リフォーム会社の口コミや事例がみれます。良い評判だけでなく、悪い評価も記載されていますので、本音を見ることができます。

リフォけんのポイント2「お断りの代行」

一度見積りに来てくれた業者には断りの連絡を入れるのは少し気が引けるものです。リフォけんではお客様のご要望がありましたら、リフォーム会社へのお断りの代行など、お客様に寄り添ったサービスをさせていただきます。

リフォけんのポイント3「 サポート体制 」

リフォームの際にはお客様が希望する内容をリフォーム会社に伝え、その内容にあった見積もりが提出されますが、お客様がリフォーム工事に詳しくない場合、大きな思い違いをしていることもあります。もしものトラブルに対しても、できる限りのサポートを行います。

ご相談は無料ですので下記の無料フォームからお気軽にお問合せ下さい!

関連記事

  1. ブロック塀 補修・補強のリフォームについて

  2. クッションフロアとは?

  3. 外壁塗装の最適な時期とタイミング

  4. リフォームする前に火災保険を確認しましょう

  5. 雨漏りになった時のために知っておくべきこと

  6. リフォームで天井を高くしたり低くしたり出来る?

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。