リフォームで天井を高くしたり低くしたり出来る?

天井の高さで部屋の印象が大きく変わります。例えば、ぶち抜きの吹き抜け空間や屋根裏のような落ち着く空間などを作ることができます。お好みに合わせて天井を高く・低くリフォーム工事する前に知っておきたいメリット・デメリットと、かかる費用・価格の相場をご紹介します。

この記事でわかる事

① 天井リフォーム前に知っておきたいメリット
② 天井リフォーム前に知っておきたいデメリット
③ 天井を高くしたり低くする工事の相場費用
④ リフォけんを使うメリット

天井リフォーム工事の前に知っておきたいメリット・デメリット

メリット

高くした場合

  • 開放感を与え、圧迫感をなくす
  • 抗菌作用、消臭効果
  • 部屋のイメージを大きく変更できる

天井の構造は通常二重天井になっていて、屋根の下にもう一つ天井があります。それを取り払って直天井にして、梁を現したデザインや、コンクリート打ちっぱなしの天井にするだけで開放感が違います。

また、天井をぶち抜きの吹き抜けにした場合は、2階からの採光もでき、空気も循環しやすくなるため、明るく広々とした気持ちのいい空間が生まれます。さらに天井の素材を変えることによって、抗菌や消臭の効果が期待できます。

低くした場合

  • 二重天井になるので断熱・防音効果が上がる
  • 照明の配線やダクトを隠すことが可能

低くした場合は、逆に断熱・防音効果が上がるため、音や熱が気になる人には最適の環境になります。

デメリット

高くした場合

  • 熱・臭いや音が循環してしまう
  • 照明の位置が変えにくくなる
  • エアコンの効きが悪くなり光熱費があがる

ぶち抜きで吹き抜けにした場合は特に、空気が循環する範囲が広くなるので、臭いや音が全体に拡散します。密閉性がなくなるため、熱・音・臭いが伝わりやすく居住性が下がる場合があります。

直天井では電気の配線をコントロールできないため、照明位置を変えにくくなります。

また、吹き抜け天井にリフォームした場合、エアコンの効きが悪く、光熱費がグンと上がってしまうという声も多いので注意が必要です。

低くした場合

  • 圧迫感が出てしまう

天井を高くしたり低くしたりするリフォーム相場

天井を高く・低くリフォームする場合の費用・価格相場は下記のようになります。

仕上げ材を足したり、抜いたりするだけなら意外と費用は抑えられますが、吹き抜けにする場合は、足場代なども考えるとこれ以上にかかってくる可能性があります。設備系の配管などの配置によっても、かなり変動があるかと思います。

天井の高さを変えるだけの場合:約15万円~約35万円
天井仕上げ材を抜くだけの場合:約6万円~約9万円
吹き抜けにする場合:約100万円~約250万円

天井仕上げ材を抜いて直天井にした場合は、断熱材をさらに追加しないと、屋根に近い部屋が暑くなりすぎて生活に支障をきたすレベルになるので、追加で断熱材を入れる工事が必要になるかと思います。

DIYで天井を高くするのは危険

天井を高くして、新たに天井を造るリフォームに関しては、相当な知識と技術、工具が必要となります。また、DIYで作業するとなると相当な時間を要するので、業者へ依頼する方が得策です。
失敗してしまうと、より費用が掛かってしまう可能性もあるので、慎重に判断する必要があります。

最後に天井のリフォームは工事内容や材質によって、リフォーム費用が高くなってしまう可能性もあります。そのため、複数のリフォーム業者に相見積もりし、業者選びは重要で会社の規模よりも相談をした際に親身になって聞いてくれたり、よりよいアドバイスをしてくれたりするかどうかが重要なポイントです。

リフォけんを使うメリット

リフォームしたいけどどこにたのめばいいんだろう・・??

そんなお悩み リフォけんが解決いたします!

コンシェルジュが会社を厳選し、優良リフォーム会社だけをご紹介★

「お断りの代行」「サポート体制」「もしものときの安心リフォーム保証」

リフォけんのポイント1 「リフォーム会社の評価が分かる」

各リフォーム会社の口コミや事例がみれます。良い評判だけでなく、悪い評価も記載されていますので、本音を見ることができます。

リフォけんのポイント2「お断りの代行」

一度見積りに来てくれた業者には断りの連絡を入れるのは少し気が引けるものです。リフォけんではお客様のご要望がありましたら、リフォーム会社へのお断りの代行など、お客様に寄り添ったサービスをさせていただきます。

リフォけんのポイント3「 サポート体制 」

リフォームの際にはお客様が希望する内容をリフォーム会社に伝え、その内容にあった見積もりが提出されますが、お客様がリフォーム工事に詳しくない場合、大きな思い違いをしていることもあります。もしものトラブルに対しても、できる限りのサポートを行います。

ご相談は無料ですので下記の無料フォームからお気軽にお問合せ下さい!

関連記事

  1. 苫小牧市で外壁塗装をお考えの方へ(基礎知識)

  2. お家の屋根修理は部分補修orリフォーム❔

  3. リフォームあんしん保証

  4. 外壁塗装の最適な時期とタイミング

  5. トイレのリフォームのポイント

  6. リフォームとリノベーションの違い

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。