寒いお風呂場を何とかしたい!改善点と対策

冬の寒い時期に、冷え切った浴室に入るのはつらいものですよね。浴室が寒くなってしまう原因には、断熱性能の低さや暖房機器がないことなどが挙げられます。特に、古くて隙間が多い浴室は冬の冷たい外気が入り込んでくることから、浴室内が冷え切ってしまうことも珍しくありません。
しかし、このような寒い浴室は、命の危険に結び付くこともあります。寒い浴室の危険性を知り、対策をして行かないと安心できませんね!

この記事でわかる事

① ヒートショックとは?
② 今すぐ出来る寒さ対策
③ リフォームで万全な対策
④ まとめ
⑤ リフォけんを使うメリット

寒い時期のお風呂は命の危険

寒い時期にお風呂に入るときに気を付けたいのが「ヒートショック」です。

ヒートショックとは?

ヒートショックとは、急激な温度変化によって血圧が急上昇・急降下することにより、体に悪影響を及ぼす事です。
例えば、温かい室内から寒い浴室に入ると、温度が下がったことにより血管が収縮して血圧が上昇します。寒い浴室から温かいお風呂につかる場合も、温度が上がり血管が膨張して血圧が降下することになります。
さらに、お風呂から上がって寒い脱衣所に移動すると、また血管が収縮して血圧が上昇してしまいます。

急激な血圧の変動を短時間に繰り返すと、心臓や血管に大きな負担を与えてしまい、めまいや立ちくらみを起こしたり、脳梗塞や心筋梗塞などの命の危険もあります。

誰にでも起こる可能性がありますし、高齢者や心臓疾患がある方は特に危険といえます。

ヒートショックを防ぐためには、脱衣室の気温が下がりすぎない夕食前や昼間の入浴を心掛けたり、お湯の温度を高くしすぎず、41℃以下にしたりすることが大切です。また、誰かといっしょにお風呂に入ることや、浴室の温度が下がらない工夫をすることも効果的です。

今すぐできるお風呂の寒さ対策

脱衣室や浴室の温度を一定以上に保つために、今すぐできる対策についてご紹介します。

何も用意しなくてもできる対策

浴槽にお湯を張る際、あえて蓋を閉めずに開けたままお湯を溜める
お湯の蒸気で洗い場をある程度暖めることができます。似た対策に、シャワーを使ってお湯を溜めるという方法があります。 ただし、この場合、お湯が冷めやすくなるため、ぬるすぎると感じないよう、温度調整をするようにしましょう。

ハロゲンヒーターやファンヒーターなどを脱衣室に置く
こちらも効果的な方法としてご自宅にあるヒーターなどを浴室の扉を開いて脱衣室を温めておけば、ある程度浴室の気温も上げることができますし、体温の急激な変化を防げます。

ご自分で出来る対策のまとめ

  • 入浴前に浴室の掃除をするなら、熱いお湯で掃除する
  • 入浴前に浴槽のふたを開けて、浴室を蒸気で温めておく
  • 入浴前に浴室の壁や床にシャワーでお湯をかけておく
  • 入浴前、入浴中は浴室の換気扇を止める
  • 脱衣所にヒーターや電気ストーブを置く
  • 窓ガラスに断熱効果のあるシートを貼る
  • 浴室の床に、すのこやシートを敷く

ヒートショック対策には、お風呂に浸かったときの体温変化を防ぐだけでなく、体温を下げない工夫をすることが大切です。

リフォームする事で本格的な寒さ対策が出来ます

浴室でのヒートショックを防ぎ、快適に入浴をするためには、リフォームがおすすめです。リフォームならよりしっかりと対策することができるため、先述のような対策をしなくても済むかも知れません。

窓の断熱リフォーム

窓から伝わる冷気は寒さの大きな原因なので、窓の断熱性を上げると寒さをかなりシャットアウトできます。内窓を取り付ける、樹脂性など断熱性の高いサッシにする、窓ガラスを複層ガラスにするといった方法があります。あとは窓を断熱性の高い二重窓にすることで、熱が逃げて冷たい外気が入り込んでくるリスクを下げることができます。

壁・床・天井に断熱材を入れる

外気に触れる壁・床・天井を、囲むように断熱材を入れるのがおすすめです。とくに冷気は足元から伝わるため、断熱材で床下の基礎をしっかりと囲んで冷気を遮断しましょう。

在来工法からユニットバスへリフォーム

最近では、ユニットバスが主流になってきていますが、古い在来工法で作られた浴室は、寒さ対策があまりとられていないケースが多く、築年数が経過している場合は浴室を丸ごとユニットバスにリフォームすることで、浴室の快適性を上げるとともに、寒さ対策もすることができます。

浴室の暖房

浴室をあらかじめ暖めておける浴室暖房や、床暖房を利用すれば、より浴室を暖かくすることができます。電気代もそれほどかからない高性能な暖房器具が多数登場しているため、しっかりヒートショック対策をしたい方は検討してみてください。

床材を取り替える

冷たさを感じにくい樹脂性や浴室用クッションフロアなどの床材に取り替えたり、浴室用床暖房を入れるという方法がありますが、足元の冷えが気になる方はお勧めです。

まとめ

お風呂が寒いのは断熱性が低いことが主な原因と言われています。
お風呂が寒いとヒートショックを起こす危険性もあります。
お風呂の断熱リフォームで、しっかり寒さ対策をするのもおすすめ!
壁・床・天井に断熱材を入れる、窓の断熱リフォームをする、床材を取り替える、床暖房を入れるなどの方法がわかったと思いますので、是非リフォームをご検討してみて下さい。

リフォけんを使うメリット

リフォームしたいけどどこにたのめばいいんだろう・・??

そんなお悩み リフォけんが解決いたします!

コンシェルジュが会社を厳選し、優良リフォーム会社だけをご紹介★

「お断りの代行」「サポート体制」「もしものときの安心リフォーム保証」

リフォけんのポイント1 「リフォーム会社の評価が分かる」

各リフォーム会社の口コミや事例がみれます。良い評判だけでなく、悪い評価も記載されていますので、本音を見ることができます。

リフォけんのポイント2「お断りの代行」

一度見積りに来てくれた業者には断りの連絡を入れるのは少し気が引けるものです。リフォけんではお客様のご要望がありましたら、リフォーム会社へのお断りの代行など、お客様に寄り添ったサービスをさせていただきます。

リフォけんのポイント3「 サポート体制 」

リフォームの際にはお客様が希望する内容をリフォーム会社に伝え、その内容にあった見積もりが提出されますが、お客様がリフォーム工事に詳しくない場合、大きな思い違いをしていることもあります。もしものトラブルに対しても、できる限りのサポートを行います。

ご相談は無料ですので下記の無料フォームからお気軽にお問合せ下さい!


関連記事

  1. キッチンの種類とリフォームのポイント

  2. 天井のリフォームの種類

  3. 畳の張替え・DIYはあまりおすすめ出来ません

  4. カーポートの素材って一種類じゃないの?

  5. 屋根材の種類(日本瓦)

  6. 屋根材の種類(セメント瓦)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。