洗面所の壁紙選びのポイント

最近は水回りもおしゃれにしたいという方が多くいらっしゃいます。しかし、洗面所や脱衣所などは水分が多く、汚れやすい場所です。女性の方で特に多いのが「水回りを汚れにくくしてほしい」という意見が多いのですが、一番いいのは機能性とデザイン性の両方を兼ね備えた壁紙がベストですよね。

水回りは毎日の生活の中で欠かせない生活の場なので機能的な快適さはもちろん大切ですが、少しおしゃれにするだけで雰囲気も良くなりますし、一日のモチベーションも上がります。水回りをリフォームする際は壁紙のデザインも少し視野に入れてみてはいかがでしょうか?

この記事でわかる事

① 洗面所の壁紙・クロスの選ぶポイント
② 機能を重視する方
③ 見た目を重視する方
④ まとめ
⑤ リフォけんを使うメリット

洗面所の壁紙・クロス選びのポイント

毎日の手洗いや歯磨きなどで水はねしやすい洗面所ですが、水がはねやすく汚れやすい洗面所には清潔に保てる壁紙・クロスが人気です。
さらにはメンテナンスしやすい機能性壁紙・クロスがオススメです。
特に、EBクロスや防汚・抗菌加工の壁紙・クロスは表面強度が高く、抗菌剤も含まれており清潔に保てます。
お掃除のしやすさも需要です。表面に凸凹の無いツルツルしたタイプが、汚れを拭き取りやすくおすすめです。

ホワイト系や小さな柄などシンプルな壁紙・クロスを選ぶと落ち着いた雰囲気になります。

洗面所の壁紙・クロスの選び方

洗面所は水回りゆえにカビの発生や汚れ、においなど問題点が多い場所でもあります。
そのような問題が発生しやすい環境を快適に保つために、どのような壁紙・クロスを選べばよいのか少し紹介します。

機能を重視

洗面所は水回り同様、湿気がこもりやすいカビが生えやすい場所です。
脱衣所も兼ねている場合は浴室からの蒸気も入るので、さらに湿気に覆われる事になります。
新しくリフォームする場合はそのため防水機能のついた壁紙・クロスがおすすめです!
換気扇をつけたり窓を開けていても、カビが生えてしまうという事もあります。一度カビが生えると掃除や手入れが大変になるので、未然に防ぐ事が一番肝心です。

洗面所で洗顔や歯磨きをする際の水の飛び散りなど、毎日継続的に起こります。そのため防カビ機能や汚れに強い機能を持つ壁紙・クロスを選ぶのがおすすめです。
また、カビが発生しやすいということは菌が繁殖しやすいということでもあるため抗菌性の高い壁紙・クロスがベストです。


洗面所の壁紙・クロスに必要な4機能

  • 汚れにくい機能
  • 防カビ機能
  • 防水機能
  • 抗菌機能

見た目を重視(インテリア性)

おしゃれな壁紙・クロスに仕上げたい場合は、アクセントクロスがおすすめです。

アクセントクロスとは

壁紙を部分的に変えて‟アクセント”をつける技術です。
例えば天井やテレビボードの背面だけ違うクロスが施されているお部屋を見たことがあると思います。アクセントを付ける事によって、他とは違うオリジナルの壁紙に生まれ変わります。

洗面所にアクセント使う場合は以下がおすすめ

天井にアクセントクロスを使う

汚れが目立たないアクセントクロスを使う

単色のアクセントクロスを使わない

などです。

洗面所に「アクセントクロス」を使う場合でも、やはり「汚れが目立たないデザイン」がおすすめとなります。

まとめ

お風呂が近く「湿気」のこもりやすい洗面所は防かび機能がついたクロスを選ぶなど、どんなクロスでも良いという訳ではありません。やはり根本的に防カビ機能や汚れに強い機能を持つ壁紙・クロスを選ぶのがおすすめです。プラスでおしゃれに仕上げたい方はアクセントクロスという方法もあるので、リフォーム業者さんにしっかりと希望をお伝えした方がいいですね。

リフォけんを使うメリット

リフォームしたいけどどこにたのめばいいんだろう・・??

そんなお悩み リフォけんが解決いたします!

コンシェルジュが会社を厳選し、優良リフォーム会社だけをご紹介★

「お断りの代行」「サポート体制」「もしものときの安心リフォーム保証」

リフォけんのポイント1 「リフォーム会社の評価が分かる」

各リフォーム会社の口コミや事例がみれます。良い評判だけでなく、悪い評価も記載されていますので、本音を見ることができます。

リフォけんのポイント2「お断りの代行」

一度見積りに来てくれた業者には断りの連絡を入れるのは少し気が引けるものです。リフォけんではお客様のご要望がありましたら、リフォーム会社へのお断りの代行など、お客様に寄り添ったサービスをさせていただきます。

リフォけんのポイント3「 サポート体制 」

リフォームの際にはお客様が希望する内容をリフォーム会社に伝え、その内容にあった見積もりが提出されますが、お客様がリフォーム工事に詳しくない場合、大きな思い違いをしていることもあります。もしものトラブルに対しても、できる限りのサポートを行います。

ご相談は無料ですので下記の無料フォームからお気軽にお問合せ下さい!


関連記事

  1. トイレの種類(メリット・デメリット)

  2. キッチンの種類とリフォームのポイント

  3. カーポートの素材って一種類じゃないの?

  4. 床のリフォーム

  5. 屋根材の種類(日本瓦)

  6. 寒いお風呂場を何とかしたい!改善点と対策

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。