窓の断熱で冷気をシャットアウト

冬の寒さは、暖房をつけていても家の中に冷気が入り込んで、なかなか暖まらないことがあります。その原因は、窓の断熱性能が低いことが考えられます。

窓の断熱性能が低いと、暖房の熱が外に逃げてしまい、室内が冷え込みます。そのため、電気代がかさんだり、結露やカビが発生したりするなどの問題が発生します。

そこで今回は、窓の断熱性能を高めて、冬の寒さから家を守る方法をご紹介します。

窓の断熱性能を上げれば、冬の寒さも怖くない?

冬になると、家の中で暖房をつけてもなかなか室内が暖まらないという経験はありませんか?その原因のひとつは、窓の断熱性能が低いことです。

窓は、家の中で熱の出入りが最も大きい箇所です。窓の断熱性能が低いと、暖房の熱が外に逃げてしまい、室内が冷え込みます。そのため、電気代がかさんだり、結露やカビが発生したりするなどの問題が発生します。

そこで、窓の断熱性能を上げることで、これらの問題を解決することができます。窓の断熱性能を上げる方法としては、以下のようなものがあります。

  • 二重窓への交換
  • 断熱シートの貼り付け
  • 窓枠の改修

二重窓への交換は、最も効果的な方法です。二重窓とは、ガラスを2枚重ねにした窓のことです。ガラスの間に空気の層を作ることで、断熱性能を高めることができます。

カーテンで冬の寒さを乗り切ろう!

窓は、家の中で熱の出入りが最も大きい箇所です。窓の断熱性能が低いと、暖房の熱が外に逃げてしまい、室内が冷え込みます。そのため、電気代がかさんだり、結露やカビが発生したりするなどの問題が発生します。

そこで、カーテンを活用して、窓の断熱性能を高めることで、これらの問題を解決することができます。

最近では、断熱や防寒を目的としたカーテンが数多く販売されています。厚くて裏地のあるカーテンや、保温効果のあるカーテンなど、様々な種類があります。

カーテンで断熱・防寒対策を講じる場合、以下の点に注意しましょう。

  • 窓にしっかりとあわせたサイズにすること
  • カーテンの下から熱が逃げないようにすること
  • 定期的にカーテンの裏側に結露が発生していないか確認すること

カーテンを活用することで、窓の断熱性能を高め、冬の寒さを乗り切ることができます。ぜひ、カーテン選びのポイントを押さえて、効果的な対策を講じましょう。

隙間テープで冬の寒さをシャットアウト!

窓やドアの隙間は、熱の逃げ道となっています。隙間から熱が逃げてしまうと、室内が冷え込み、電気代がかさんだり、結露やカビが発生したりするなどの問題が発生します。

そこで、隙間テープを使って、窓やドアの隙間をふさぐことで、これらの問題を解決することができます。

隙間テープは、その名の通り、窓やドアの隙間をふさぐテープです。隙間をふさぐことで、熱が室外へ逃げるのを防ぐことができます。また、隙間風の対策にもなります。

隙間テープには、様々な種類があります。素材や厚み、粘着力などによって、効果や使い勝手が変わります。

隙間テープを貼る場合、以下の点に注意しましょう。

  • 隙間にしっかりと密着するように貼る
  • サイズに合ったものを選ぶ
  • 定期的に貼り替える

隙間テープを使って、窓やドアの隙間をふさぐことで、冬の寒さをシャットアウトすることができます。ぜひ、隙間テープの活用を検討してみてはいかがでしょうか。

断熱シートで冬の寒さを防ぐ!

断熱シートを使って、窓から熱が逃げるのを防ぐことで、これらの問題を解決することができます。

断熱シートは、窓と窓枠の隙間をふさぐことで、熱が室外へ逃げるのを防ぐことができます。また、断熱効果の高いシートであれば、窓ガラス自体の断熱性能を高めることもできます。

断熱シートには、様々な種類があります。素材や厚み、断熱効果などによって、価格や使い勝手が変わります。

断熱シートを貼る場合、以下の点に注意しましょう。

  • サイズに合ったものを選ぶ
  • 既存の窓ガラスの種類によっては、断熱シートをはることで、ガラスが熱によって割れてしまう「熱割れ」の原因となることがあるので、事前に確認する
  • 素材によっては外の景色の見え方も変わってくるので、事前に確認する

断熱シートを貼ることで、冬の寒さを防ぐことができます。ぜひ、断熱シートの活用を検討してみてはいかがでしょうか。

窓の断熱をアップさせる断熱ボード(パネル)

窓の断熱性能を高めることで、これらの問題を解決することができます。

断熱ボード(パネル)は、窓に立てかけるだけの簡単な対策です。断熱材が入ったボードを窓に立てかけることで、熱が室外へ逃げるのを防ぐことができます。

断熱ボード(パネル)には、以下のメリットがあります。

  • 設置が簡単
  • 費用が安い
  • 窓のサイズに合わせて選べる

しかし、以下のようなデメリットもあります。

  • 見た目が気になる
  • 掃除の際は、都度移動させる必要がある

断熱ボード(パネル)は、簡易的な対策ではありますが、費用をかけずに窓の断熱性能を高めることができる方法です。

リフォけんを使うメリット

リフォームしたいけどどこにたのめばいいんだろう・・??

そんなお悩み リフォけんが解決いたします!

コンシェルジュが会社を厳選し、優良リフォーム会社だけをご紹介★

「お断りの代行」「サポート体制」「もしものときの安心リフォーム保証」

リフォけんのポイント1 「リフォーム会社の評価が分かる」

各リフォーム会社の口コミや事例がみれます。良い評判だけでなく、悪い評価も記載されていますので、本音を見ることができます。

リフォけんのポイント2「お断りの代行」

一度見積りに来てくれた業者には断りの連絡を入れるのは少し気が引けるものです。リフォけんではお客様のご要望がありましたら、リフォーム会社へのお断りの代行など、お客様に寄り添ったサービスをさせていただきます。

リフォけんのポイント3「 サポート体制 」

リフォームの際にはお客様が希望する内容をリフォーム会社に伝え、その内容にあった見積もりが提出されますが、お客様がリフォーム工事に詳しくない場合、大きな思い違いをしていることもあります。もしものトラブルに対しても、できる限りのサポートを行います。

ご相談は無料ですので下記の無料フォームからお気軽にお問合せ下さい!


関連記事

  1. 屋根材の種類(化粧スレート)

  2. 外壁塗装の最適な時期とタイミング

  3. 床の張替え・プロとDIYの違いとは?

  4. 屋根リフォームはどのタイミング?

  5. トイレのリフォームのポイント

  6. リフォームとリノベーションの違い

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA