窓の断熱性能が低いとどうなる?

冬は暖房をつけているのに、なぜか部屋が寒い。そんな経験はありませんか?実は、その原因は窓の断熱性能が低いことが原因かもしれません。
窓の断熱性能が低いと、室内の熱が窓から外に逃げやすくなってしまいます。そのため、暖房をつけていても、なかなか室内が暖まらず、寒さを感じてしまうのです。
また、窓の断熱性能が低いと、結露が発生しやすくなります。結露はカビやダニの原因にもなるため、健康面にも影響を与える可能性があります。
冬の寒さに耐えられない方は、窓の断熱性能をアップさせる対策を検討してみてはいかがでしょうか。

窓の断熱性能が住まいの快適性と省エネに大きく影響する

熱は温度が高いところから低いところへ移動する性質があります。そのため、夏は室内の冷気が窓から外に逃げやすく、冬は室内の暖気が窓から外に逃げやすくなってしまいます。

窓からの熱の侵入は、壁や天井からの熱の侵入よりも圧倒的に多いというデータがあります。その理由は、窓は壁や天井に比べて面積が大きく、また、窓ガラスは断熱性能が低いためです。

部屋が寒い?断熱性能を疑ってみよう

冬になると、部屋が寒くて暖房をつけっぱなしにしてしまう、なんてことはありませんか?暖房器具の電気代がかさむだけでなく、ヒートショックのリスクも高まります。

部屋が寒い原因は、暖房器具の不具合や故障が考えられますが、実は断熱性能が低いことが原因である可能性も少なくありません。

熱は、温度の高い場所から低い場所へと移動する性質があります。そのため、窓などの断熱性能が低い部分から室内の暖かい空気が外に逃げてしまい、部屋が寒くなってしまうのです。

実際に、窓からの熱の出入りは、壁や床からの熱の出入りよりも圧倒的に多いというデータがあります。その理由は、窓は壁や床に比べて面積が大きく、また、窓ガラスは断熱性能が低いためです。

断熱の重要性と窓の断熱

断熱とは、熱の移動を抑える性質のことです。住宅においては、室内の熱を室外に逃がさないようにすることで、冬は暖かく、夏は涼しく過ごすことができます。

冬の寒さ対策として、断熱性能を高めることは非常に重要です。一般的に、壁や天井の断熱が重要視されますが、実は窓からの熱の出入りが最も大きいというデータがあります。

その理由は、窓は壁や天井に比べて面積が大きく、また、窓ガラスは断熱性能が低いためです。

窓の断熱性能を高めるには、以下の方法があります。

  • 窓ガラスを断熱性能の高いガラスに交換する
  • 窓枠やサッシに断熱材を入れる
  • 二重窓にする
  • 窓に断熱フィルムを貼る

これらの方法を実施することで、冬の寒さ対策をより効果的に行うことができます。

窓の断熱はなぜ重要なのか?

冬になると、室内を暖房で温めても、窓から冷気が入り込んで、なかなか暖まらないという経験はありませんか?

実は、住宅の熱の出入りは、窓からのものが最も大きいのです。

下の図は、住宅の熱の出入りの割合を表したものです。

窓からの熱の出入りが最も大きい理由

窓からの熱の出入りが最も大きい理由は、以下の2つです。

  • 面積が大きい
  • 断熱性能が低い

窓は、壁や屋根に比べて面積が大きいため、熱の出入りも大きくなります。また、窓ガラスは断熱性能が低いため、熱を通しやすくなっています。

窓の断熱性能が低いと、冬は暖まらないだけじゃない!

冬になると、窓から冷気が入り込んで、暖房をつけてもなかなか暖まらないという経験はありませんか?

実は、窓の断熱性能が低いと、冬は暖まらないだけではありません。あなたの健康や財布にも、大きな影響を与える可能性があるのです。

窓の断熱で電気代が半減?

窓は、暖房の熱を逃がす大きな原因です。窓が断熱化されていないお家では、暖房で一生懸命暖めても、熱が窓から外に逃げてしまい、電気代・光熱費がかさんでしまいます。

窓の断熱をすることで、熱が外に逃げるのを防ぐことができます。その結果、暖房の効率が上がり、電気代・光熱費を削減することができます。

実際に、窓の断熱によって電気代が半減したというデータもあります。窓の断熱をすることで、年間で数万円の電気代・光熱費を節約できる可能性があるのです。

結露の恐怖

「結露」という言葉を聞くと、多くの人は「見た目が悪い」というイメージを持つのではないでしょうか。しかし、結露は見た目が悪いだけでなく、実は私たちの健康にも大きな影響を与えているのです。

結露が発生すると、室内の湿度が高くなります。湿度が高い環境は、カビやダニの繁殖に最適です。カビやダニは、アレルギーや喘息などの原因となることがあります。また、結露によって湿った空気が床や家具に触れると、腐食やカビの原因にもなります。

結露を防ぐためには、まずは原因を理解することが大切です。結露の原因は、室内と室外の温度差です。室内と室外の温度差が大きいと、窓ガラスや壁などの表面が冷やされて、結露が発生しやすくなります。

ヒートショックの恐怖

ヒートショックとは、急激な温度変化によって血圧が乱高下し、失神や心筋梗塞、脳卒中などの健康被害を引き起こす現象です。

特に、冬場は室内と室外の温度差が大きく、ヒートショックのリスクが高まります。居室は暖かく、脱衣所や洗面所は寒いなど、室内の温度差が大きくなっていませんか?

ヒートショックを防ぐためには、室内の温度差を小さくすることが大切です。

リフォけんを使うメリット

リフォームしたいけどどこにたのめばいいんだろう・・??

そんなお悩み リフォけんが解決いたします!

コンシェルジュが会社を厳選し、優良リフォーム会社だけをご紹介★

「お断りの代行」「サポート体制」「もしものときの安心リフォーム保証」

リフォけんのポイント1 「リフォーム会社の評価が分かる」

各リフォーム会社の口コミや事例がみれます。良い評判だけでなく、悪い評価も記載されていますので、本音を見ることができます。

リフォけんのポイント2「お断りの代行」

一度見積りに来てくれた業者には断りの連絡を入れるのは少し気が引けるものです。リフォけんではお客様のご要望がありましたら、リフォーム会社へのお断りの代行など、お客様に寄り添ったサービスをさせていただきます。

リフォけんのポイント3「 サポート体制 」

リフォームの際にはお客様が希望する内容をリフォーム会社に伝え、その内容にあった見積もりが提出されますが、お客様がリフォーム工事に詳しくない場合、大きな思い違いをしていることもあります。もしものトラブルに対しても、できる限りのサポートを行います。

ご相談は無料ですので下記の無料フォームからお気軽にお問合せ下さい!


関連記事

  1. クッションフロアとは?

  2. 比較的安価にできるバリアフリー?

  3. リフォームしたい!でも、何から始めればいいの?

  4. リフォームあんしん保証

  5. 雨樋修理・3通りの交換方法

  6. キッチンの種類とリフォームのポイント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA