屋根材の種類(アスファルトシングル)

北米ではシェア率が高い屋根材のアスファルトシングル

他の屋根材にはないメリットがあることから、既存の屋根材をアスファルトシングルにリフォームする方も増えてきています。おしゃれでモダンな雰囲気があって、見た目にも優れているアスファルトシングルですが、メンテナンスを怠ると劣化が早まってしまうデメリットもあります。

この記事でわかる事

① アスファルトシングルの特徴
② 屋根材(アスファルトシングル)のメリット
③ 屋根材(アスファルトシングル)のデメリット
④ リフォけんを使うメリット

アスファルトシングルの特徴

アスファルトシングルはガラス基材にアスファルトを浸透させ、表面に石粒を吹き付け接着してある屋根材です。シート状で扱いやすく、複雑な屋根形状にも施工することができます。石粒の色によってさまざまなカラーバリエーションがあり、洋風な家だけでなく落ち着きのある和風の家にも合います。

https://reform-search.com/2022/02/08/%e9%9b%a8%e6%bc%8f%e3%82%8a%e3%81%ab%e3%81%aa%e3%81%a3%e3%81%9f%e6%99%82%e3%81%ae%e3%81%9f%e3%82%81%e3%81%ab%e7%9f%a5%e3%81%a3%e3%81%a6%e3%81%8a%e3%81%8f%e3%81%b9%e3%81%8d%e3%81%93%e3%81%a8/

【メリット】曲線の屋根でも使用できる点と、価格の安さ、軽量性です。

最大のメリットは「割れない」「錆びない」

アスファルトシングルは柔らかく、瓦屋根のようにひび割れたり、金属屋根材のようにサビついたりしないメリットがあります。石粒で覆っているため傷つきにくく、防水性・耐候性・耐久性に優れています。軽量で耐震性も高いため、地震対策にも適した屋根材です。

【デメリット】メンテナンスの頻度が高いことと、コケやカビがつきやすいことでしょう。また、軽量でサイズが小さいため台風などで飛ばされやすい素材です。耐用年数は20年〜30年程度と短いです。アスファルトシングル薄いシートで出来ているため、強風によって剥がれや破れが起きる場合があります。年数が経つと見た目が悪くなるだけでなくさらに劣化を早める原因が起こる場合もあるので、5年〜10年ごとに定期メンテナンスを行うべきといえます。

リフォけんを使うメリット

リフォームしたいけどどこにたのめばいいんだろう・・??

そんなお悩み リフォけんが解決いたします!

コンシェルジュが会社を厳選し、優良リフォーム会社だけをご紹介★

「お断りの代行」「サポート体制」「もしものときの安心リフォーム保証」

リフォけんのポイント1 「リフォーム会社の評価が分かる」

各リフォーム会社の口コミや事例がみれます。良い評判だけでなく、悪い評価も記載されていますので、本音を見ることができます。

リフォけんのポイント2「お断りの代行」

一度見積りに来てくれた業者には断りの連絡を入れるのは少し気が引けるものです。リフォけんではお客様のご要望がありましたら、リフォーム会社へのお断りの代行など、お客様に寄り添ったサービスをさせていただきます。

リフォけんのポイント3「 サポート体制 」

リフォームの際にはお客様が希望する内容をリフォーム会社に伝え、その内容にあった見積もりが提出されますが、お客様がリフォーム工事に詳しくない場合、大きな思い違いをしていることもあります。もしものトラブルに対しても、できる限りのサポートを行います。

ご相談は無料ですので下記の無料フォームからお気軽にお問合せ下さい!


関連記事

  1. そもそもスレートってなに?

  2. モルタルってどんな外壁なの?モルタルのメリット・デメリット

  3. 外壁塗装の最適な時期とタイミング

  4. 外壁の劣化の症状とは?

  5. カーポートの素材って一種類じゃないの?

  6. 屋根材の種類(化粧スレート)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA